節約ができない。」

節約しようと思っても、いつも、したいように出来ない。」

 

と深刻に悩んでいらっしゃる方はいませんか?

 

「このままじゃ、お金が全くなくなってしまって、節約する分のお金すら完全になくなってしまうかも?」

 

とお金の悩みは、深刻です。

 

そこで、年収100万円未満の私でも、お金の節約が楽しすぎて、節約が趣味になったという、シンプル且つ、楽しく節約が出来るようになる心構えを、お教えします。

 

簡単なことです。

 

ストレスは溜まらず、お金は溜まっていくというような事象を引き起こすように、自分の精神をシンプルに捉えて、編み出した方法です。

 

凄く簡単なので、深刻で本当は恐いお金の問題をすぐに片付けることが、容易に出来るようになってきます。

 

払わなければならないものは、払う

 

車の保険、車検代、光熱費や水道代などの公共料金、携帯電話代など、自分が使ったものの料金は、しっかり、きちんと払いましょう

 

このときに、「あぁあ、せっかく節約しようと張り切っていたのに、これじゃ節約出来ないじゃない?」というような感情は抱かなくて良いのです。

 

公共料金など、生活に必ず必要になってくるものの料金を払った後に、こう言ったような、お金を払うという行動にマイナスな感情を抱いてしまっては、本末転倒です。

 

お金を使った後には「お金を使ったぁ!」「払ったぁ!」というように、自分が使った料金を払ったことに対する、罪悪感を抱くことなく、「使ったぁ!」「ぁあ、払ったぁ!」と半ば、お金とケリをつけるようにすれば、お金を使うことに対する罪悪感が少なくなり、お金に関する罪悪感がないことに対して、本当のお金に対する節約するという目的を達成しやすくなります。

 

なぜなら、お金に対する「使ってしまった。」といった罪悪感が、「お金を節約するぞ!」という良い心と矛盾してしまうため、そのため、お金に対して罪悪感を持っていると、節約しようとしても、出来なくなってしまうのです。

 

「使ったものに対して、お金を払うことは何も悪いことではない。」と、お金に対して、けじめをつけましょう。

 

お金の予算を決めて、可愛い封筒にお金を入れておく

 

楽しく節約するために、可愛い封筒を用意しましょう

 

女性の方なら、可愛い封筒に自分が買いたいものの予算の額のお金が入っているだけでも、楽しくなってきませんか?

 

その予算を決めるときに、あまり、欲張って、大きな額に決めないように努力して下さいね!!

 

したいのは、節約ですから、自分が欲しいと思っているものに対して、大幅な本人の基準より、やや少なめ、です。

 

ここのところは、重要ですから、頑張って、予算を決めて下さいね

 

女性が1番欲しい物は、お洋服

 

人が生きていく上で必ず必要になってくるのが、衣・食・住、です。

 

その人が生きて行く上で欠かせないものの中で、女性が1番気になってしまうのが、衣のお洋服ではないでしょうか?

 

着る物がなくては、人は外に出ることも出来ないですし、お仕事に行くことも出来ませんね?

 

女性はとりわけ、美に対する意識が男性より高く、意識していなくても、基本的にどんな人も、めかし込みたいわけです。

 

節約するためには、このお洋服という項目が、女性方の肩に重くのしかかっている、と言っても過言ではありません。

 

しかし、「私は節約したいのね?じゃっ、お洋服を買ってはいけないわね?」としては、女性としては、一様に納得できない現実が待っているのです。

 

衣服をまったく買わないという人はいませんよね?

お洋服を買ってはいけない、と自分に言い聞かせてみた場合、お洋服を買わなければならなくなったときに、先に述べた、この、お洋服を買ってはいけないというノルマみたいな固定観念が邪魔となって、お洋服を選んでいるときに、現れるのです。

 

そのマイナスな感情によって、自分がどういったものが欲しいのかの感情を押し殺した結果、その女性は、本当に欲しいと思った物が手に入らないという現実を引き起こしてしまうのです。

 

「そんなに悩むなら、お洋服を全然買わなければいいじゃないか?」

と思われるかもしれませんが、女性にとっては、お洋服を買わない節約ほど、ストレスの溜まる節約はないでしょう

 

自分に1番似合うお洋服のテイストを決める

1番悪い例だと私が考えている節約する上で、してはいけないと思うことが、いろいろなテイストのお洋服を買う、ということです。

 

違うテイストのお洋服とお洋服をあえて、合わせるファッションも可愛いと思いますが、やはり、そのようなファッションだと、着るシーンが決まってきますし、あまりにも違うテイストのものを買っていますと、着回しもなかなか出来ないと思います。

 

やはり、1番良いお洋服の買い方は、自分に1番似合うテイストのお洋服を選ぶ

という買い方です。

 

このことのために、お洋服やファッションの研究を自分でしてみても、楽しく節約することが出来るかもしれませんね?

 

楽しく節約!!!テイスト、キレイ目大人カジュアルのコーデの例

 

少しおとなし目の上品なコーディネイトですね?

いろいろ研究してみると、きっと、楽しくなること間違いなしですよ

 

じっくり考えて、楽しく節約!不要なものを売る

 

テイストを決めたら、不要なお洋服が出てきてしまった場合、フリーマーケットなどに古着として出してみても良いかもしれませんね?

 

しかし、そのとき、よく考えてみて下さい。

 

じっくり手元のお洋服を見てみると、着回しが出来そうなものはありませんか?

 

その場合は簡単、売らずに手元に置いておけば良いのです。

 

これで、貴方も着回し名人ですよ!!!

 

馬鹿らしいかもしれませんが、お金の問題は深刻な悩みで、そして、お金がないのに、お洋服が欲しくなってしまうのも女性の深刻な悩みなのです。

 

まとめ

1、まず、自分が使用した払わなければならない料金などは、きっちり払う。

2、次に、自分がお金を使いたい物に対する予算を決めて、可愛い封筒にお金を入れておく。

3、女性の1番欲しい物は、お洋服。自分の欲しい類のお洋服が買えているか、再確認する。

4、自分の1番似合う服のテイストを決める

5、じっくり考えて、楽しく節約。不要な物を売る

 

だいたいの人は、お金に対する認識が曖昧で、そのため、本当に自分の欲しい物すら考える機会がなく、本当に自分に合っている物を買えるというチャンスを失いがちです。

 

お金は大切なもので、切なくなるくらい尊いものです。

しっかり、大切に遣って、より良い豊かな未来を目指して行きましょう♪

 

>>子育て主婦の節約術