毎日の食費、日用品、お洋服にと、何かとお金はすぐに出ていってしまって、お財布を覗いたときには、1000円札が、たったの一枚。

 

ということはありませんか?

 

そういうことが、あまりないという人でも、節約するためだけではなく、生活の基盤の暮らし方をもう少し、見つめ直してみませんか?

 

といっても、私はどちらかというと、気がついたら、お財布に、1000円札が一枚ということが、多々あったのですが、お金の使い方を根本的に見直すことで、少しずつ改善してきました。

 

そこで、お金と見つめ合った結果、これだけを根本的に変えるだけで、お金がとんでなくなるということがなくなる、お金がたまる習慣をお教えします。

 

どれも、基本的なことです。簡単なので、是非、こんな習慣があるんだな、と思って頂けたら幸いです。

 

どんなに流行り物が好きでも、ファスト系ファッションの通販はしない

 

流行り物のお洋服、バッグ、靴。

女性なら、誰でも、気になるはずだと思います。

 

しかし、よく考えてみると、流行り物とは、その時期に流行っているお洋服だとか、バッグだとか、靴ですよね?

 

時期が過ぎれば、それらの物は、流行り廃りです。

 

もう、着れません。履けません。

 

その上、通販であれば、品物を手に取ることが不可能で、品物を写真以外で吟味することは、できません。

 

品物が届いて、その品物が掲載されてあった商品の様子と何か違う、ということが、起きかねませんよね?

 

ですので、流行り物を多く売り出している、ファスト系のファッション通販は極力避けたほうが、最終的に、お金の無駄遣いから逃れることができます

 

しかし、「どうしても、流行り物が着たい」「この流行り物は廃れない」と確信できる品物であれば、品物を手に取って見れるセレクトショップに足を運んで吟味してみるのも、良いかもしれません。

 

しかし、通販に掲載されてある品物の写真を見て、「この写真に写ってある品物の光沢具合から見ると、この品物は、値段と相当しい、もしくは、値段以上の品物のようだ」という人もいるかと思いますが、そんなことをしなくても、ファスト系ファッションの通販から身を引くと、浪費がかなり減っていって、お金がすぐに貯まると思います。

 

お気に入りのブランドは1〜2つのブランドに限定する

 

お洋服とは、TPOです。

 

「身なりをきちんとして、自分のありようを着るもので示したい。」

「身なりくらい、きちんとして、見る人から、君はきちんとしているね。と、評価してもらいたい。」

 

という人は多くいらっしゃるでしょう。

 

私も、お洋服を選ぶときには、自分が着たい洋服を選びたいと考えるほかに、人に嫌な印象を与えたくない、という点に気をつけています。

 

そのため、品質の良いお洋服を選ぼうと思うため、ブランドには、気を使います。

 

しかし、中には、いろんなブランドのお洋服を持っている方が格好いいだとか、洒落ているだとか、という考えで、いろいろなブランドのお洋服を持っている方も多くいらっしゃるでしょう。

 

でも、節約をする上では、それらの曖昧な考えが、邪魔して、お金を貯めたいと思っても、実現には至らない場合が、あるのではないでしょうか?

 

ですので、お金を貯めたいのであれば、時間を使って、好きなお洋服のブランドを1つ〜2つにしぼってみてはどうでしょうか?

 

お化粧品をいろいろ試さない

 

お化粧品というと、良い化粧品に巡り会いたくて、様々なブランドの基礎化粧品、コスメを買って、お化粧品をいろいろ試している方もいらっしゃると思います。

 

しかし、いろいろ試そうと思って買ったお化粧品が、お肌に合わなくて、使い切らずにそのままにしている人、もしくは、捨ててしまう人もいるのではないでしょうか?

 

いろいろなお化粧品を試して、お肌も荒れてしまう、そして、良い化粧品にも巡り会えない、その上、いろいろ試すということは、いろいろなお化粧品、コスメを購入するということですから、お金もすり減ってしまいます。

 

そこで、お肌にも負担のかからないお肌に優しい、お化粧品を定期的に買い求める方が、ずっとお肌にもお財布にも優しいのです。

 

私は、いろいろ市販のコスメや基礎化粧を試したことがありましたが、コスメは、有名なブランドの好きなコンセプトのコスメを購入するようにすると、良いと思います。

 

基礎化粧は、お肌に負担のない天然成分配合のオーガニックの基礎化粧品が良いと思います。

 

様々なオーガニックの基礎化粧品

 

見ているだけでも、心が落ち着いてきて、お肌にも良さそうだと思えますよね?

 

少し値段が高めでも、オーガニックの基礎化粧品は天然成分配合のため、お肌に刺激がほとんどなく、長期にわたって使用しても、お肌に負担がかからず、もし、肌質が変わったとしても、肌トラブルもあまりないのではないかと思います。

 

食費を削るのは、基本的にお金のたまる 習慣ではない!?

 

お金をためる習慣の一貫にすぐに思いつきそうな、食費を削る、がありますが、長期的にお金のたまる習慣を身につけて、実行する上で、食費を減らすというのは、あまりにも過酷で、堪え難い行為ではありませんか?

 

お金は、1番に食費に遣うべきものであると思います。

 

それを踏まえた上で、「今日は、夕食の材料が少し高くなりすぎたな。お菓子を今日はやめておこうか?」と考えて、そのお菓子の費用を削るくらいなら、問題はありません。

 

まとめ

1、どんなに流行り物が好きでも、ファスト系のファッションの通販はしない

2、お気に入りのブランドは、1〜2ブランドに限定する

3、お化粧品をいろいろ試さない

4、食費を削るのは、基本的に、お金がたまる習慣ではない

 

以上が、私が考えているお金がたまる習慣です。

 

みなさんも、これらの習慣を参考にしつつ、自分に1番あったお金がたまる習慣を身に付けて、楽しく賢く、より良い生活を見つけて行ってください

 

「お金は貯まったが、不健康な身体になってしまった。」というのでは、話が逆転してしまいます

 

無理のないお金がたまる習慣を習慣化し、楽しくお金を貯めて行きましょう