皆さんは「せどり」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

せどりというのはビジネス用語ですが、せどりによってお金を稼いでいる人も中にはいます。

 

せどりとはどのようなものなのでしょうか?

せどりではどのように稼げばいいのでしょうか?

 

今回は、せどりについて、解説していきます。

 

「せどり」の意味

せどりとは、簡単に言えば品物を安く仕入れて、高く売って利益を稼ぐ行為のことを指します。

 

具体的に言うならば、古本屋や中古ショップで商品を買い、買った商品を別の場所に高値で転売することがせどりです。

 

せどりはハードルが低いビジネス

 

今ではインターネットが普及し、ネットショップを利用することで商品を安く買える時代になり、良くも悪くも転売が活発になりました。そのため、現代において、せどりは誰でも出来うるビジネスとなりました。

 

よって、せどりを行うのに特別なスキルは必要ありません。中にはせどりで数十万円稼ぐ強者もいます。そこまでたくさん稼げるようになるためには時間がかかりますが、お小遣い稼ぎや副業としてやるのであれば、あまり気負う必要はありません。

 

初心者でも実際に行動さえすれば稼げるビジネスなので、「何かしら副業とかやってみたいけど、何をすればいいんだろう?」という方にもオススメです。会社に頼らないで自力で稼ぐ経験をしてみませんか?

 

せどりをやるには

資金を準備する

では、せどりはどのようにやればいいのでしょうか?

まず、せどりを行うのには資金を調達する必要があります。

 

安く物を買って高く売ってお金を稼ぐのがせどりですから、そもそもお金がないとせどりはできません。

 

というわけで、いきなり本業としてせどりをするのはオススメではありません。

まずはせどりを副業としてぼちぼち始めるのが良いかと思います。仕入れるために破産したら元も子もないので、貯金がある状態で始めましょう。

 

安く商品を買う

「なんだ、簡単そうじゃないか」と思ってしまいそうですが、安く商品を買うには注意が必要です。

 

ただ、近所の中古ショップに行って物を買ってくればいい、とは必ずしも限りません。最終的に高値で商品を売るのがせどりですから、たとえどんなに安い商品でも、需要がなければ意味がありません。

 

そのため、インターネットを用いて、どのような商品が需要があるのかを調べた上で、商品を買いましょう。安くて需要のある商品であれば、利益は大きくなります。

 

出品する

商品を安く買ったら、最後は商品を出品しましょう。

 

今の時代だと、メルカリやAmazonなど、ネットで販売が出来るサービスは多々あるので、そこを利用して出品しましょう。そのようなサービスの中には、自分で価格を設定できるものもあるので、なるべく高い価格を設定して売れれば、かなりの利益になります。

 

また、ネットで販売するには、宣伝も必要となってきます。商品の見せ方が良ければ、たとえ多少値段が高くても「良さそうな商品だから買ってみようかな」と、消費者は考えてくれます。もしネットショップではなく、オークションサイトで販売するとなれば、商品の見せ方が良ければどんどん値段は高騰していきます。

 

ちょっとした工夫次第で結構買ってもらえるので、実際にせどりをやるからには実践しつつ、どうすればいいか研究していきましょう。

電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」

 

せどりは今でも稼げる

 

せどりは初心者でも手軽に始められるシンプルなビジネスです。

「まだせどりで稼ぐことはできるのかな?」と、疑問をお持ちの方もいると思いますが、人がモノを売買する営みをやめない限り、せどりで稼げなくなるということはないです。

 

よほどのことがない限り、人がモノの売買を止めることはありません。

 

空いた時間を有効活用して、せどりでどんどん稼いでいきましょう!

 

>>バイマで稼ぐ方法|初心者でも100万円稼げるようになる4つのポイントとは?