最近、「仮想通貨」というキーワードをよく目にしますね。

 

少し前、芸能人がCMをしていましたし、2018年初めにコインチェック社が管理する仮想通貨が不正送金された事件で知った方も多いと思います。

 

ただ、仮想通貨とはどういうものかよくわからない人も多いのではないでしょうか?

事件の話などを聞くと、危ないものという印象があるのではないでしょうか?

 

仮想通貨は、まだ一般的には普及していませんが、将来的に仮想通貨が日常生活に必要不可欠なものとなる可能性がありますので、今のうちから正しい理解を持っておく方がよいと思います。

 

「仮想通貨とは何?」と思っている方が多いと思いますので、仮想通貨とは何かをわかりやすく解説します。

 

仮想通貨とは

 

 

そもそも仮想通貨とは何か、から説明します。

 

仮想通貨とは、インターネット上に、データという形で存在するお金で、私たちが普段使っている紙幣や硬貨にように、現物として持ち歩いたりしないお金です。

 

ビットコインという名前を聞いたことがあると思います。

 

ただ、仮想通貨=ビットコインと誤解している人も多いようです。

 

仮想通貨はいろいろな種類があり、世界中で1000種類以上あるといわれていますが、ビットコインは世界で初めて誕生し、最も大きな市場規模を持っている仮想通貨の一つです。

 

ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼ばれ、イーサリムやリップルなどが有名です。

 

インターネット上の通貨というと、各国の法律では認められていないようにも思われますが、実は、日本の法律、資金決済に関する法律の第25項において、以下のように定義されています。

 

国の法律に記載されているということは、国が仮想通貨の可能性を認めているということになります。

 

 

日本円は日本政府が発行していますし、為替もある程度は政府の意思で制御されています。いわば、日本円の信頼というのは、日本政府に対する信頼でもあります。

 

このような考え方は、中央集権型と呼ばれますが、一方で仮想通貨は、インターネット上の通貨ということもあり、管理者・管理団体が存在しませんので、分散型の通貨と言われています。

 

そもそもインターネット上の通貨ですし、管理者・管理団体がいないので、国境がありません。国境がないので、自由に、スピーディに取引することが出来るのが、仮想通貨のメリットです。

 

仮想通貨の用途と電子マネーとの違い

 

このように書くと、電子マネーとかECサイトのポイントカードをイメージするかもしれませんが、電子マネーやポイントカードとも少し異なります。

 

仮想通貨の用途をご説明すると、大きく3つあります。

 

商品の購入、コミュニティでのやり取り

まだそれほど普及はしていませんが、一部の店舗で商品を購入することが可能です。

ヨドバシカメラ、ビッグカメラなどでは仮想通貨で決済することができますし、今後も仮想通貨を使える店舗は徐々に増えていくと言われています。

 

送金

銀行振り込みのように、相手にお金を送金することが可能です。

金融機関における振込と比較すると、手数料も安く、インターネット上の通貨ですのですぐに送金ができるメリットがあります。

 

投資

仮想通貨はまだ普及率としては低いですが、様々な可能性があることから投資目的で購入している人も多いようです。

 

2017年4月に仮想通貨が法律的に明文化され(改正資金決済法)、これにより日本国内では仮想通貨の関心が高まり、事実上、2017年は仮想通貨元年とも呼ばれています。

 

仮想投資として使う場合の注意点は、仮想通貨は値動きが激しく、また、動きを予測することが出来ませんので、一瞬にして大儲けする可能性も、大損する可能性もあります。

 

電子マネーの場合、ICカードに円を入金してチャージし、円のまま利用します。ICカードの規格やシステムの都合等により、ICカードにチャージした円を海外で使うことは困難です。

 

また、他人のICカードに直接送金したりすることはできません。

 

一方、仮想通貨の場合、円をビットコインなどの仮想通貨に両替して使用しますが、一度両替してしまえば、国境を越えて取引することも、送金や投資も可能ですし、再び円に換金することも可能です。

 

仮想通貨って安全なの?

 

2018年初めにコインチェック社が管理する仮想通貨が不正送金された事件がありました。この事件で、仮想通貨に投資している人の多さやサイバー攻撃を受けた際の被害などがクローズアップされ、仮想通貨そのものの安全性に疑問を持った人が多いと思います。

 

先にもお話したとおり、仮想通貨は管理者・管理団体が存在しません。では、どのように管理されているのでしょうか?

 

仮想通貨は、通貨そのものに管理情報やセキュリティが施されています。仮想通貨に管理番号が割り振られており、その通貨がどこにあるのかが分かる仕組みとなっています。これをブロックチェーンと呼びます。

 

コインチャック社の事件では、コインチェック社の管理方法について問題視されましたが、実際に不正送金された仮想通貨は特定されており、換金が出来ない状況になっています。

 

このことからも、仮想通貨のセキュリティの高さ(追跡可能性の高さ)が証明された事件でした。

 

日本は経済的にも財体的にも安定している国(と他国からは見えている)ですし、何よりも日本円の価値が高い(国の信頼が高い)ですが、実は国・政府が信頼されていないような国では、法定通貨から仮想通貨への移行が大規模に進んでいます。

 

例えば南米のベネズエラでは、インフレーションによって、法定通貨「ボリバル」の価値が暴落し、ビットコインが決済手段として使われています。

 

この例は、ある意味、法定通貨よりも仮想通貨の方が信用できる、という事実ですね。

 

仮想通貨はどこで手に入れることが出来るの?

仮想通貨は、専門の取引所と呼ばれる場所(インターネット上のサイト)で円やドルを仮想通貨に両替できます。

 

取引所というのは、株式投資における東京証券取引所のような場所です。

 

取引所は、インターネット上に数多く存在しますが、中には怪しい業者もいますので、金融庁に「仮想通貨交換業者」の登録をしている業者を選びましょう。

 

日本では、金融庁に「仮想通貨交換業者」の登録をしなければ、取引所を開設することができないことになっています(登録のないところは、闇業者ということになりますね)。

 

まとめ

「仮想通貨」という名前は聞いたことがあっても、実際にどのようなものなのかを知らない人は多いと思います。今は、仮想通貨を知っているごく一部の人たちだけが、取引に参加している状況といえるかもしれません。

 

コインチェック社の事件があってから、どこか「危ない投資」と思われがちですが、仮想通貨自体は非常に安全性の高い通貨ですし、今後、法定通貨にとって変わる可能性がありますので、今からいろいろと情報を仕入れておくのがよいと思います。

 

今は投資目的で購入している人が多く、値動きも激しいため、かなりギャンブル性のある投資になっています。逆の見方をすれば、底値で購入すればリターンも大きいことになりますので、うまく活用すれば自分の資産を増やす可能性もあります。

 

銀行に預金しても、0.01%程度の利息しかつかない時代ですので、うまく活用したいですね。

 

もっと仮想通貨について詳しく知りたい方は、主婦でも簡単!仮想通貨の始め方も参考にしてみてくださいね♪

 

>>FXのトレード手法!あなたに合うのはどの取引スタイル?